宅配水業者を選ぶ上での判断基準にもなるボトルの種類

宅配水業者選びに困ったら~ボトルの種類を確認しよう~

宅配水業者を選ぶ上での判断基準にもなるボトルの種類

水

ボトル回収サービスがあると便利

宅配水のサービスを利用する上で気になってくるのが使い終わったペットボトルの取り扱いです。中には使い切るごとにゴミとして処分している人もいますが、手間や労力などを考えると面倒であることは否めません。そういった時に便利なのがボトル回収サービスです。近年では需要の増加によって宅配水のサービスを行なう会社も増加傾向にありますが、業者によっては新しい水を持ってきてくれた時に古いペットボトルを回収してくれる所もあります。こういった会社を選ぶことで、余計なゴミが出る心配もなく地球環境に配慮したリサイクルもすることができるのです。

水換えしやすいボトルを選ぶ

宅配水サービスを行なっている会社はたくさんある中で、それぞれの会社が取り扱っているウォーターサーバーは全て形状が異なります。サーバーの形状が違えば当然水を入れるペットボトルの形も違います。ウォーターサーバーへのペットボトルの設置は水を届けに来た時に行なってくれるケースも少なからずありますが、基本は自分で行なわなければいけません。とはいえ、数リットルの水が入ったボトルを交換するのは簡単なことではないことから、宅配水のサービスを利用する時はこのペットボトルの形状もしっかりと確認しておくことが大切です。

軽いボトルと丈夫なボトルの利点を比較

ゴミだし不要で水漏れの心配がないガロンボトル

ウォーターサーバーのボトルは大きく分けて2種類あって、それぞれにメリットや特徴が異なります。まず一つ目がガロンボトルです。こちらは衝撃に強い材料で作られているボトルで、多少の衝撃程度では形状が変形しない丈夫さが特徴になります。新しい水の宅配と同時に使い終わったボトルを回収するサービスを取り入れている会社ではこのガロンボトルを使用するのが一般的です。こちらは回収してくれることでゴミを出す必要がないという点がメリットと言えます。とはいえ、飲み終わったボトルは宅配日まで保管しておかなくてはいけないため、夏場などの水の消費量が多い時期は置き場を確保しなくてはいけません。

容器の保管が不要でいつでも気軽に捨てられるワンウェイボトル

2種類あるうちのもう一つが使い捨てボトルです。ワンウェイボトルと呼ばれることもあるこちらのボトルは、ガロンボトルとは対照的にポリエチレンなどの非常に柔らかい材質で作られているのが特徴になります。そのため、使い終わった後に小さく潰してゴミとして捨てることが可能です。自宅に余分なスペースがなく、業者が水の補充に来るまで空き容器を置いておく場所がないという場合にはこちらのタイプが重宝します。そのほかにも再利用ではなく常に新しいボトルが送られてくることから、常に衛生的な物が使えるという点もメリットです。

広告募集中